新規ユーザ作成段階でグループ、組織、アクセスが設定可能か

4 Comments

  • 砂川 祐規
    Comment actions Permalink

    こんにちは。

    西澤さんが指している「ユーザ」をどの権限で作成しているのかによります。おそらく「エージェント」で作成したときのお話かとは存じますが為念で・・・。

    「エンドユーザ」は「Support」にログインが出来ないはずなのでチケット参照はヘルプセンターの「マイアクティビティ」で自分で発行したチケットしか参照できません。

    「管理者」であればもちろんチケット全て参照可能です(これも言わずもがなですね)

    「エージェント」についてはチケットの「ビュー」の設定に依存してくると考えます。

    「ビュー」上からは、各項目全てのエージェント・管理者間で確認が出来るビューとなっているようです。

    もし、グループ・組織などでチケットをビューからも見せたくないとするならば、予めビューの設定で組織・グループ専用のビューを作成しておくなどの事前準備が必要になりそうです。

    私まだ試していないので恐縮ですが、管理者にてユーザを作成し、その後ユーザの編集で「アクセス」にてチケットへのアクセス制限が可能なのでそこから制限をかけるなどをお試しをみてはいかがでしょうか。

    Proより上位のプランは試せていないので不明です・・・。申し訳ありません。

    長文失礼致しました。以上です。

    0
  • 西澤 将真
    Comment actions Permalink

    砂川様

    説明が不足しており申し訳ありません。ここで作成するユーザはお察しのとおり、エージェントを想定しています。

    仰るとおり、予め組織やグループのビューを設定し、ユーザの「アクセス」設定にてアクセス制限をかけることは可能なのですが、エージェントを作成してから「アクセス」の設定を行うまでに「Support」ですべてのチケットを閲覧出来てしまう恐れがあります。

    そこでユーザの作成時点でアクセス制限をかけることは出来ないかと考えたのですが、難しそうですね。

    一度、エンドユーザで作成後、エージェントにアップグレードしてアクセス制限をかける等の運用を検討したいと思います。

    ご回答ありがとうございました。

    0
  • 砂川 祐規
    Comment actions Permalink

    お力になれず申し訳ありません。ひとまずは運用で逃げるしかなさそうですね。

    ユーザ側からユーザ登録をさせる運用ではなく、管理者側からエージェントを作成する運用にすると、当該エージェントは認証が終わるまではログイン出来ないはずなので、その間に色々アクセス設定やビュー設定を工夫するのも一つの手かもしれませんね。

     

    1
  • 西澤 将真
    Comment actions Permalink

    砂川様

    追記いただきありがとうございます。

    >お力になれず申し訳ありません。ひとまずは運用で逃げるしかなさそうですね。

    いえ、製品での解消は難しいと判断できましたので大変助かりました。運用での回避を検討してみます。

    >当該エージェントは認証が終わるまではログイン出来ないはず ~

    なるほど、少し認識が間違っていたかもしれません。ご教示いただいた手順も含めて検討してみたいと思います。

    0

Please sign in to leave a comment.

Powered by Zendesk