自社のメールドメインを使用してメールをZendeskから代理送信する方法 フォローする

すべてのプラン

SPF(Sender Policy Framework)レコードを設定して、自社のメールサーバーに代わりにZendeskから外部へのメールを送信できるようにします。SPFレコードを使用して、Zendeskにメールを代理送信させるようにできます。

たとえば、help@acme.comで顧客からのメールを受信し、受信したすべてのメールをZendeskに転送するように自動リダイレクトを設定している場合は、自分のメールアドレス(例:help@acme.com)から発信されているかのように、Zendeskから通知を送信することができます。こうすることで、プロセス全体を通してブランドを維持することができます。

SPFレコードの設定は任意ですが、メールを外部メールアドレスへ転送するように設定した場合は、SPFを設定することをお勧めします。

SPFレコードのしくみ

SPFレコードは、自分の社内サーバー以外のSMTPサーバーを宣言し、メールが自分のドメインから発信されたかのように装うことを許可する1行のテキストです。

このようにするには、DNS(Domain Name Server)のテキストレコードを追加します(DNSはだにれでもアクセスできるインターネット用のレコードです)。このレコードにより、Zendeskがあなたのメールドメインで送信者として許可されていることを公に宣言することができます。

メールクライアントがメッセージを受け取ると、通常はSPFチェックを行い、メールがメールの送信元から送られてきたメールであることを検証します。メールを送信したIPアドレスが送信元であることを特定できる有効なSPFレコードがない場合、レシーバーによっては、そのメールをスパムやフィッシングの試みとして判断し、信頼できないものとしてフラグを立てたり、受信者であるエンドユーザーに表示しない場合もあります。

この状況を回避するには、外部ドメインの使用が許可されない場合にZendeskドメインを使ってメールを送信する方法と、SPFレコードでZendeskに権限が付与されている場合のみ外部ドメインを使用する方法があります。このどちらの方法でも、Zendeskから送信したメールがスパムとしてマークされることはありません。

興味がある場合は、www.openspf.orgでSPFレコードに関する詳細情報を参照してください。

SPFレコードの設定が必要な場合とは

SPFレコードは必ず設定するべきでしょうか。いいえ、その必要はありません。SPFレコードを設定する必要があるのは、エンドユーザー宛のメッセージにZendeskの名前を表示したくない場合だけです。

Zendeskが外部メールアドレスを使用してメールを送信する場合(サポートアドレスの転送設定を行った場合)、相手先で受信拒否されないように、メッセージはZendeskを送信元とみなします。ただし、有効なSPFレコードを作成した場合、ZendeskはZendeskからのメール送信を中止し、企業のメールサーバーに代わって、その企業のブランドを完全に維持しながらメッセージを送信します。

SPFレコードを設定しない場合は、エンドユーザーに次のような画面が表示されることがあります。

SPFレコードを追加すると、「XXX.zendesk.com経由」という記述は削除されます。

SPFレコードを設定する

できるだけ、この作業はシステム管理者に任せるか、少なくとも手伝ってもらうようにしてください。

SPFレコードを設定する方法は、ドメイン登録業者によって異なります。たとえば、GoDaddyNamecheap1&1Network SolutionsGoogle Domainsなどの業者ごとに手順書は異なります。

すでに別の目的でSPFレコードを設定してある場合は、そのSPFレコードにZendeskへの参照を追加するだけです。

Zendeskを参照するようにSPFレコードを作成または編集するには
  • ドメインのDNS設定を編集してTXTレコードを追加します。設定の手順は、ドメイン登録業者にとって異なります。

    Zendeskでは、次のSPFレコードを使用することを推奨しています。

    v=spf1 include:mail.zendesk.com ?all
ヒント:顧客のメールクライアントによってメールがブロックされないようにするため、Zendeskから発信するメールにデジタル署名することを、追加の更新して行うことを検討してください。メールにデジタル署名をすると、誰かがなりすましているのではなく、メールが実際にあなたの組織から届いたものと見なされます。詳細については、「DKIMまたはDMARCを使用したメールのデジタル署名」を参照してください。
重要:これまでZendeskは、SPFレコードに代わる記述としてinclude:smtp.zendesk.cominclude:support.zendesk.comなどの形式を推奨していました。どちらもSPFレコードとしては使われなくなりました。まだ機能するかもしれませんが、最良の選択肢ではありません。これらを使用している場合は、古くなったレコードをまだ設定していることを示す警告フラグが表示されます。
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

ログインしてコメントを残してください。

Powered by Zendesk