Avatar

Philippa Booth

  • 合計アクティビティ
    17
  • 前回のアクティビティ
  • メンバー登録日
  • フォロー
    0ユーザー
  • フォロワー
    1ユーザー
  • 投票
    0
  • サブスクリプション
    6

アクティビティの概要

Philippa Boothさんの最近のアクティビティ
  • Avatar

    Philippa Boothさんがコメントを作成しました:

    Hi Joost In the mean time, you can use Google Analytics to track traffic over your help centre and articles, eg with the users and pageviews metrics.   

  • Avatar

    Philippa Boothさんがコメントを作成しました:

    正式なコメント

    Hi Russell The easiest way to do this is to put the [ticket group] on rows, select the group you want, and then use a result path calculation to show the % of total on rows. Then you can go into th...

  • Avatar

    Philippa Boothさんがコメントを作成しました:

    正式なコメント

    Hi Chen Check that all the results for the attributes you have on rows are selected - otherwise you might be missing one or two! This can happen if new results appear in the dataset after the query...

  • Avatar

    Philippa Boothさんがコメントを作成しました:

    Hi Josue You can change the presentation of numbers, eg from number of tickets to % of total, using a result path calculation, from our result manipulation menu In your example, you would set the q...

  • Avatar

    Philippa Boothさんが記事を作成しました:

    Exploreのレシピ:初回返信時間のヒートマップ

    ヒートマップは、さまざまな時間におけるチームの業務効率を非常にコンパクな手法で把握できる優れた手段の一つです。Zendeskで営業時間を設定している場合は、このクエリをカスタマイズしてその設定を反映させることができます。 この内容は同じ名前のインサイトのレシピと置き換えることができます。 メモ:このヒートマップで表示される測定基準は「初回返信時間」測定基準になりますが、同じアプローチを...

  • Avatar

    Philippa Boothさんが記事を作成しました:

    Exploreのレシピ:ワンタッチチケット

    ワンタッチチケットはサポート業務の背景情報を詳しく把握するうえで非常に役立つレポート機能です。このレシピは同じ名前のインサイトのレシピと置き換えることができます。 必要条件 スキルレベル:初心者 所要時間:10分 Zendesk Explore Professional 編集者または管理者のアクセス権限(Exploreへのユーザーの追加を参照) Zendesk Supp...

  • Avatar

    Philippa Boothさんが記事を作成しました:

    Exploreのレシピ:チケット作成のヒートマップ

    ヒートマップは、さまざまな時間におけるアクティビティをコンパクな手法で把握できる優れた手段の一つです。 この内容は同じ名前のインサイトのレシピと置き換えることができます。 必要条件 スキルレベル:初心者 所要時間:15分 Zendesk Explore Professional 編集者または管理者のアクセス権限(Exploreへのユーザーの追加を参照) Zendesk ...

  • Avatar

    Philippa Boothさんがコメントを作成しました:

    Hi Mary You can easily create this using the Support: Tickets, Users, Organisations connection. Here, you will find that the metric 'Incidents' has already been set up, which you can use with the ...

  • Avatar

    Philippa Boothさんがコメントを作成しました:

    Hi Mary D_Count(Articles) is the calculated metric that I explained in my first reply - looks like your COUNT(Articles Created)? I just called it something different! When you have your 'status' a...

  • Avatar

    Philippa Boothさんがコメントを作成しました:

    Hi Mary You can show the numbers using one of the options in the chart configuration menu - if you are stacking the chart, the easiest way is by showing the total (see screenshot) but you can also ...